通貨の特徴と選び方

通貨の特徴と選び方

南アフリカランド:最新金利と通貨の特性

外貨預金のお預入れに当たっては、各通貨の特徴や傾向を理解することが大切です。
通貨選択の際の参考にしてください。

南アフリカ
ランド

  • 世界有数の資源国。商品価格の影響を受けやすい
  • GDPはアフリカ全体の2割を占める経済大国。先行きには不安材料も
  • リスクオン時には上昇しやすくなる

最新の金利はこちら

こんなお客さまにおすすめ
なるべく金利の高い通貨で資産を運用したい方。通貨の変動が大きいため、為替変動リスクを取りたい方。

情報の豊富さ
5つ星のうち 2
通貨の安定性
5つ星のうち 1
金利
5つ星のうち 4

アフリカ大陸で唯一のG20参加国

南アフリカはアフリカ大陸の最南端にある多人種・多民族国家で、世界有数の資源国です。金・プラチナ・ダイヤモンドなどの埋蔵量が豊富で、かつてはGDP (国内総生産) に占める鉱業の比率が20%を超えていました。電気自動車 (EV) 向けの需要が高まるレアメタルの埋蔵量が多いことでも有名です。現在は金融・保険などサービス業の比率が高まっていますが、貿易では依然、鉱物への依存度が高い状態が続いています。したがって通貨ランドは金などの商品価格の影響を受けやすくなっています。
南アフリカはGDPがアフリカ全体の2割を占めるアフリカをけん引する経済大国で、経済成長が期待されるBRICS (ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ) の一角にもあげられています。アフリカ大陸で唯一のG20参加国です。
しかし、2008年の世界金融危機後の投資・輸出の不振、2015年の中国経済の減速に伴う鉱物資源価格の下落などで経済は停滞しました。2020年3月には新型コロナウイルスの感染拡大で南アフリカ全土でロックダウン (都市封鎖) が行われ経済は急激に落ち込みました。そこからの経済回復、資源価格の上昇などで2022年のGDP成長率は2.0%と新型コロナウイルスのパンデミック発生前の2019年に比べて0.3%の増加となりました。ただし電力不足や洪水の影響で市場予想は下回りました。
経済の先行きにも電力供給不足、頻発するストライキが不安材料になっています。
南アフリカの国内電力の約9割をまかなう国営電力会社エスコンは、経営難からインフラが老朽化したままになっており、計画停電が行われています。不安定な電力供給は経済のボトルネックです。政府の対応などにも注目が集まっています。
干ばつとそれに付随する水不足があったかと思えば、2022年には大洪水に見舞われるなど自然災害の多さも経済の足かせです。
失業率も2021年から3割を超える非常に高い水準で、社会不安や治安の悪化にも結び付いています。

南アフリカの輸出品目

通貨の特性

南アフリカランドは高金利通貨として人気があります。
鉱物資源に恵まれている南アフリカですが、長年の採掘で資源が枯渇、次第に過酷な環境下での採掘が行われるようになりました。鉱山労働者は厳しい労働環境から待遇改善を求めるためストライキが頻発しています。こうした背景から南アフリカでは給与の上昇圧力が強く、インフレ傾向が続いています。そのため南アフリカの金利は恒常的に高い水準を維持しているのです。

世界経済が安定してリスクオン (リスク選好) のムードが高まっているときには、高金利を求めて世界中から資金が集まり、南アフリカランドが上昇しやすくなります。一方、世界的な金融危機などでリスクオフ (リスク回避) 傾向が強まると、資金が流出して南アフリカランドは下落幅が大きくなる傾向があります。財政赤字が大きいため、リーマンショックのような世界的な信用問題が生じると、財政リスクが意識されて下落しやすい面があるなど、グローバルな資金移動の影響を受けやすいと言えます。流動性の低さから急な値動きが起こることにも注意が必要です。

金融政策は中央銀行である南アフリカ準備銀行 (SARB) が、インフレ目標を設定して行っています。消費者物価指数 (CPI) 前年比上昇率を+3~6%の範囲内に収めるのが目標で、CPIの動向は重要です。
資源国通貨でもあり、金価格との連動が高い時もあります。
失業率、貿易収支など経済指標の月次の変動が大きめなのも南アフリカ経済の特徴です。指標が極端に動いたときは、南アフリカランド相場も大きく変動する可能性があります。また、貿易相手国首位の中国の経済の好不調も南アフリカランド相場に影響することがあります。

なお、SARBは、2023年5月の金融政策会合で、政策金利を8.25%と0.50ポイントの引き上げを発表しています。声明ではインフレリスクに改めて警戒感が示されました。通貨安を背景とした国内食品価格の高止まりも懸念されているようです。

過去10年間の南アフリカランドの値動き (チャート)

南アフリカランドの対円相場は2006年以降、円高・南アフリカランド安の長期トレンドが続いていました。2008年9月のリーマンショックで1南アフリカランド=15円から半値の7円台まで急落した後、一時12円台まで切り返す局面もありましたが、2012年から2014年までは9~11円の持ち合い (ボックス圏) 相場で推移。その後も、急激な資源安などの影響で2016年には6円台まで下落、コロナショックを受けて2020年には6円割れまで売り込まれました。経済改革、財政再建への道筋が見えず、南アフリカ経済は停滞が続いており、南アフリカランド相場の上値を重くしています。コロナからの回復と資源価格高の影響、中央銀行の連続利上げでいったん底を打ったかに見えましたが、再び軟化し対ドルでは最安値を更新しています。主要国の利上げ長期化懸念や欧米の金融問題に加え、南ア国内の電力問題、ロシアとの関係を巡って制裁リスクも意識されたようです。
2023年7月現在では1南アフリカランド=7.7円前後で推移しています。

南アフリカランド/円チャート (10年)

金利情報

南アフリカランド (ZAR)

普通預金 定期預金
お預入期間
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年
1.60 % から 25.00 % 5.80 % 6.10 % 6.10 %
外貨から 5.30 % 5.80 % 6.10 % 6.10 % - -

※個人のお客さま向け  2024年02月21日現在

普通預金 1.60 %
定期預金
お預入期間 円から 外貨から
1ヶ月 25.00 % 5.30 %
3ヶ月 5.80 % 5.80 %
6ヶ月 6.10 % 6.10 %
1年 6.10 % 6.10 %
2年 -
3年 -

※個人のお客さま向け  2024年02月21日現在

注目指標はこれ !

貿易収支
資源輸出への依存度が低下しているとはいえ、貿易収支の変化は南アフリカランド相場に少なからぬ影響をおよぼします。南アフリカ歳入庁が毎月発表しています。
<発表時期>
毎月下旬の日本時間21:00ごろ
実質小売売上高
前月比および前年同月比の小売売上高の伸び率を示す指標です。南アフリカ統計局が毎月発表しています。
<発表時期>
毎月中旬の日本時間20:00ごろ
失業率
雇用者数、失業者数とともに四半期ごとに南アフリカ統計局が発表しています。失業率が大きく悪化すると治安悪化にもつながるため重要な指標です。
<発表時期>
2・5・8・11月下旬
製造業生産高
前月比および前年同月比の製造業生産高の伸び率を示す指標で、景気動向を判断するものとされています。南アフリカ統計局が毎月発表しています。
<発表時期>
毎月下旬の日本時間20:00ごろ
  • 本ページ情報の無断での複製・転載・転送等はご遠慮ください。
  • 本ページの情報提供について信頼性の維持には最大限努力しておりますが、2023年7月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。
  • 本ページの情報はご自身の判断と責任において使用してください。