通貨の特徴と選び方

豪ドル:最新金利と通貨の特性

外貨預金のお預入れに当たっては、各通貨の特徴や傾向を理解することが大切です。
通貨選択の際の参考にしてください。

オーストラリア
ドル

  • 資源国通貨の代表格
  • 先進国通貨の中では金利はやや高い
  • 新興国に比べて政治・経済が安定
こんなお客さまにおすすめ
金利が低く通貨の変動が安定している先進国通貨はもの足りないが、新興国通貨ほどのリスクはとりたくない方。

情報の豊富さ
5つ星のうち 3
通貨の安定性
5つ星のうち 3
利率
5つ星のうち 3

資源が豊富なオーストラリア

鉄鉱石や石炭など資源が豊富なオーストラリア。資源輸出への依存度が高い経済のため、世界経済が低迷して資源需要が落ち込むと、オーストラリア経済や豪ドル相場もマイナスの影響を受けやすくなる傾向があります。

新興国の成長によって“資源ブーム”が起こった2003年から2007年ごろには、オーストラリア経済も好調で、豪ドルは金利が高く、投資家の人気を集めました。しかし、中国をはじめとする新興国経済が減速した2016年以降は、経済成長が伸び悩み、金利も低下傾向にあります。それでも、先進国の中では金利が高く、運用先としての人気は続いています。

高金利通貨といわれる国の多くは新興国であり、政治や経済において不安定さを抱える国も少なくありません。しかし、オーストラリアは世界的に見て政治・経済が安定している一方、日米欧の先進国に比べて高い金利を維持していることが、魅力と言えるでしょう。

オーストラリアの輸出相手国 (出典 日本貿易振興機構 2016年) オーストラリアの輸出相手国 (出典 日本貿易振興機構 2016年)

通貨の特性

鉄鉱石・石炭・金などの資源輸出が多いため、これらを消費する世界の国々の景気が上向くと、オーストラリア経済も上向きます。そのため、豪ドル相場の行方を見るうえでは、輸出が伸びているかどうかが重要な指標のひとつとなります。

とくに中国が最大の貿易相手国であるため、オーストラリア経済は中国の景気動向の影響を受けやすいのも特徴です。そのため中国の経済統計は、豪ドル相場にも大きく影響します。

原油・鉄鉱石・金など資源価格の変動も、豪ドル相場を動かす要因となります。商品市況の動きにも注意が必要です。

先進国の中では金利が高めなので、市場が安定しているときには金利のさやを狙った買いが入りやすく、上昇しやすい傾向があります。逆に市場が混乱してリスクを避けたいときには売られやすくなります。

このほか、中央銀行であるオーストラリア準備銀行(RBA)総裁などの金融当局者や、政府閣僚などから、為替水準に関する発言が度々あり、その内容が市場で注目されます。付加価値をつけにくい資源の輸出に経済が依存する構図だけに、当局者は商品市況だけではなく、為替水準にも目を光らせているのです。

過去10年間の豪ドルの値動き (チャート)

他の先進国通貨に比べて金利の高い豪ドルは、好景気のときにはとくに買われやすい特性を持っています。実際、米国を中心に世界経済が好調だった2006年から2007年にかけて、豪ドルの対円相場は1豪ドル=80円台から110円目前まで4割近く上昇しました。中国を筆頭とするBRICs経済の台頭で資源輸出が拡大したことが豪ドル高を促しました。2008年9月にリーマン・ショックが発生すると、他の資源国通貨と同様に豪ドルも1豪ドル=100円台から50円台まで急落しましたが、2009年以降は、資源の主な輸出国である中国が4兆元 (約80兆円) 規模の大型景気対策を打ち出し、資源輸出が急回復したことなどから再び豪ドル高・円安基調に転じます。このトレンドは2014年まで続きましたが、同年後半からの急激な原油安や、中国の景気減速による資源輸出の停滞などが悪材料となって、2015年に入ってから豪ドル安に転換しました。2016年には一時1豪ドル=80円を割り込んだものの、その後やや値を戻し、2018年5月末時点の豪ドル/円相場は1豪ドル=82円前後で推移しています。

豪ドル/円チャート (10年)  単位: 円 ※年間の平均レート 豪ドル/円チャート (10年)  単位: 円 ※年間の平均レート

金利情報

豪ドル (AUD)

普通預金 定期預金
お預入期間
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年
0.80 % 1.40 % 1.50 % 1.50 % 1.50 % - -

※個人のお客さま向け  2019年06月25日現在

普通預金 0.80 %
定期預金
1ヶ月 1.40 %
3ヶ月 1.50 %
6ヶ月 1.50 %
1年 1.50 %
2年 -
3年 -

※個人のお客さま向け  2019年06月25日現在

注目指標はこれ !

新規雇用者数・失業率
オーストラリア統計局が毎月発表する雇用統計です。新規雇用者数は、調査した月に新たに雇用された人の数を示します。雇用者数の増減は景気の先行きを見る上で非常に重要視されます。
<発表時期>
毎月中旬の日本時間10:30ごろ (夏時間は9:30ごろ)
消費者物価指数 (CPI)
オーストラリア統計局が四半期ごとに発表しています。オーストラリア準備銀行 (中央銀行) は年2~3%のインフレターゲットを設定しております。
<発表時期>
1・4・7・10月下旬の日本時間10:30ごろ (夏時間は9:30ごろ)
中国製造業PMI (購買担当者景気指数)
中国国家統計局による、中国の製造業の購買担当者に生産意欲などを調査して指数化した景気指標。オーストラリアは中国への輸出依存度が高いことから、中国製造業PMIの変化は豪ドル相場にも影響することがあります。
<発表時期>

中国製造業PMI:毎月1日ごろ

中国GDP成長率
中国国家統計局が四半期ごとに発表しています。オーストラリアにとって最大の輸出相手国である中国のGDP成長率の動向は、豪ドル相場に影響することがあります。
<発表時期>
4・7・10・1月中旬の日本時間11:00ごろ
  • 本ページ情報の無断での複製・転載・転送等はご遠慮ください。
  • 本ページの情報提供について信頼性の維持には最大限努力しておりますが、2018年6月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。
  • 本ページの情報はご自身の判断と責任において使用してください。

まずは口座をご開設ください