こどもの医療支援 自宅で医療的ケアを受けるこどもたちを専門家チームがサポート在宅医療のこどもたち 応援定期預金 こどもの医療支援 自宅で医療的ケアを受けるこどもたちを専門家チームがサポート在宅医療のこどもたち 応援定期預金

在宅医療のこどもたち応援定期預金は、お客さまのお預入れ残高に一定割合を乗じた金額を、大和ネクスト銀行が、応援先 (大阪母子医療センター) に寄付いたします。
お客さまのご負担はありません。

在宅医療を受けるこどもたちや支える家族を地域の専門家たちが連携してサポート 在宅医療を受けるこどもたちや支える家族を地域の専門家たちが連携してサポート

新生児医療の発達により、未熟児や先天的な疾病を持つこどもなど、以前なら出産直後に亡くなっていたケースでも助かるようになり、一方で日常的に痰の吸引や経管栄養等の医療的ケアを必要とするこどもが増加しています (2011年19,303人→2013年25,175人) 。
また、国が認定しているこどもの小児慢性疾患は2017年4月1日現在で722種類もの疾患があり、多くのこどもたちが専門病院での治療や医療的ケアを必要としています。
このような何らかの医療的ケアが必要であるこどもたちが在宅で生活するためには、医療、福祉、保健、学校等地域の諸機関による生活支援や発達支援のサービス拡充が不可欠です。

こどもの在宅医療には多くの協力が必要

在宅で医療的ケアを受けるこどもたちも、地域において安心して生活でき、こどもらしく成長し、遊んだり、勉強したり、可能であるならゆくゆくは仕事に就くことができる社会が望まれています。
疾患を持つこどもたちが、そうでないこどもたちのように社会で生活していくためには、医療機関はもとより、ケースワーカーや心理士、保健師、教育関係者等、各機関・専門家による幅広いサポート体制が必要となります。

密な情報連携で、各機関によるサポート体制を維持

増え続ける医療的ケア児の在宅医療を円滑に進めるためには、各機関同士の緊密な情報連携が必要です。例えば、疾患を持つこどもたちが急変した時の状況等を、的確に各機関で連携できれば、適切な処置を各機関で判断することができます。
大阪母子医療センターでは、タイムリーかつ簡便な情報の共有のためにさまざまな取り組みを行っており、より適切かつ安心な在宅医療を目指します。

こどもたちが住み慣れた場所で自分らしく生きるために

大阪母子医療センターより

自宅で医療的ケアを受けるこどもたちが、地域で安心して暮らしていけるように、大阪母子医療センターでは、これからも地域の医療連携システムを充実して参ります。ぜひみなさまからのあたたかいご支援を、よろしくお願いいたします。


(大阪母子医療センター 病院長 川田 博昭氏)

大阪母子医療センターとは

大阪母子医療センターは、病院、研究所、母子医療センターの3つの機能を有しており、妊産婦、新生児を対象とする周産期センターとしては36年、小児病院としては26年の実績を持つ、日本有数の「周産期および小児医療の専門施設」です。
また、SNSでの情報発信も積極的に行っています。


HPアドレス:https://www.wch.opho.jp/

商品概要

商品名在宅医療のこどもたち 応援定期預金
対象定期預金円・米ドル
預入期間3ヶ月、6ヶ月、1年
適用金利【個人のお客さま】
円:3ヶ月 年0.08%(税引後 年0.063%) 6ヶ月 年0.08%(税引後 年0.063%) 1年 年0.08%(税引後 年0.063%)
米ドル:3ヶ月 年1.30%(税引後 年1.035%) 6ヶ月 年1.50%(税引後 年1.195%) 1年 年1.70%(税引後 年1.354%)
【法人のお客さま】
円:3ヶ月 年0.01% 6ヶ月 年0.01% 1年 年0.01%
米ドル:3ヶ月 年1.30% 6ヶ月 年1.50% 1年 年1.70%
2018年12月10日時点の金利です。
本定期預金(米ドル)3ヶ月 (90日の場合) に個人のお客さまが10万米ドルお預入れいただく場合の受取利息計算例:10万米ドル×1.30%×90日÷365日×79.685%=約255.42米ドル
本定期預金(円)3ヶ月 (90日の場合) に個人のお客さまが1,000万円お預入れいただく場合の受取利息計算例:1,000万円×0.08%×90日÷365日×79.685%=約1,571円
最低預入金額【円】100,000円以上 (1円単位)
【米ドル】1,000米ドル以上 (0.01米ドル単位)
お取扱開始日2018年4月10日 (火) ~
応援内容
  • 円定期預金については、各月残高の0.04%相当額 (年利換算) 、米ドル定期預金については、各月残高の0.3%相当額 (年利換算) の累計額を4月および10月に、当社から応援先 (大阪母子医療センター) に寄付いたします。
    法人のお客さまで、円定期預金での一回の預入額が50億円以上の場合には、0.03%相当額(年利換算)
    米ドル定期預金における寄付額については、当社所定の為替レートにて円貨に交換します。
  • お客さまから応援していただいた結果等については、適宜当社ウェブサイトに掲載いたします。
ご利用
いただける方
【お取扱通貨 (円) 】
大和ネクスト銀行の円普通預金口座をお持ちの個人・法人 (※1) のお客さま
【お取扱通貨 (米ドル) 】
「ダイワのツインアカウント (※2) 」をお持ちの個人・法人 (※1) のお客さま
1法人のお客さまは取引サイトではお預入れいただけません。
2「ダイワのツインアカウント」とは、大和証券の総合取引口座と大和ネクスト銀行の預金口座の両方を開設し、両口座の連携により、投資の待機資金を普通預金で自動運用し、効率的に資産を管理することができるサービスです。詳しくは、大和証券の本・支店または大和証券ホームページにてご確認ください。
外貨預金に関する重要事項

お申込方法

円定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に口座をお持ちの方

  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「えらべる預金」メニューから、「円定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品カテゴリの「応援定期預金」を選択してください。
    商品名から「在宅医療のこどもたち 応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

外貨定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちの方
  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「えらべる預金」メニューから、「外貨定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品カテゴリの「応援定期預金」を選択してください。
    商品名から「在宅医療のこどもたち 応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちでない方

外貨預金口座を開設する 外貨預金口座を開設する

大和ネクスト銀行に口座をお持ちでない方

ご留意事項

  • 在宅医療のこどもたち 応援定期預金は、本預金と同時期に当社が実施する他のキャンペーン等の対象となりません (ただし、当社が別途認める場合はこの限りではありません) 。
  • 当該応援定期預金にお預入れ後、やむを得ず応援先が選定できなくなった場合は、「赤い羽根福祉基金 (※) 」へ寄付させていただきます。※「赤い羽根福祉基金」とは、公的制度やサービスでは対応できない分野において社会課題の解決のための新たな活動や仕組みを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりをめざす、中央共同募金会の運営する基金です。詳細はホームページ (http://www.akaihane.or.jp/hukushikikin/) をご覧ください。
  • 当該応援定期預金のお預入れ後、応援先を変更することはできません。満期後に、新たに応援したい先の応援定期預金にお預入れください。
  • 当該応援定期預金のお取扱期間中であっても予告なく内容を変更、終了する場合があります。その場合は当社ウェブサイトにてお知らせします。
  • 在宅医療のこどもたち 応援定期預金は原則として中途解約できません。やむを得ず中途解約する場合は、当社所定のお手続きが必要です。当社所定の中途解約利率が適用されます。
  • 個人のお客さまの場合、金利には源泉分離課税20.315%が課税されます(マル優制度はご利用いただけません)。また、為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。
  • 法人のお客さまの預金利息については地方税の特別徴収は行わないため、国税15.315%のみ源泉徴収いたします(非課税法人を除く)。
  • 応援定期預金のお預入れは、お客さまによる寄付行為ではありません。そのため、寄付を証する書面等の発行はありません。税制等について、詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。
  • 最新の金利および中途解約利率については、金利一覧または大和証券の本・支店にてご確認ください。
  • 円預金は預金保険制度の対象です。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外です。

ページをシェアする

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

はてなブックマーク

はてなブックマーク