北海道の医療的ケア児 応援定期預金 北海道の医療的ケア児 応援定期預金

北海道の医療的ケア児 応援定期預金は、お客さまがお預入れいただいた預入残高に一定割合を乗じた金額を、大和ネクスト銀行が応援先 (医療法人 稲生会) に寄付いたします。
お客さまのご負担はございません。

広大な北海道で、医療的ケアが必要な子どもたちへ、応援をお願いします。 広大な北海道で、医療的ケアが必要な子どもたちへ、応援をお願いします。

日常生活に医療の助けを必要としている子どもたち

人工呼吸器をつけなければ、十分に呼吸をすることができない子どもたち。胃ろうをつけて、食事をとらなければならない子どもたち。唾液やたんを機械で吸い取らなくてはならない子どもたち。

日常的に高度な医療行為が必要なために、病院から退院できない子どもたちが増えています。
でも、医療的ケアを自宅で受けられる体制と、ご家族を支える環境さえ整えば、その子どもたちも、自分の家で、家族と暮らすことを選択できます。
医療を必要とする人々が家で暮らすことを可能にするネットワークをつくり、拡げていくことが全国的に必要とされています。

具体的な取り組み

医療法人稲生会では、子どもたち一人ひとりを支えるために、保健・医療・福祉・保育・教育を提供する北海道各地の関係者をつなげ、情報共有しながらお互いに支えあうネットワークの拠点作りを行っています。

1.協議会 (話し合いの場) の開催

全道各地から医療・福祉・教育などの関係者が集まって協議会を開催し、事業の方針を共有したり、地域ごとの課題の洗い出しやその対応策を検討します。

2.地域の資源の情報集めと発信

全道各地、それぞれの医療・福祉・教育などの資源の情報を収集し、各地の病院で患者さんが退院される時などに活用していただけるように、ホームページ上で発信していきます。

3.仲間となってくれる医療機関を増やす活動

全道各地に出向いて、在宅医療・小児医療を担う医療機関や訪問看護ステーションなどに協力を呼びかけながら、NICU (新生児集中治療室) を有する専門医療機関を含めたネットワークを構築していきます。
また、現場で活躍する医療者を支援するために、実技講習会などを開催していきます。

4.福祉・行政・教育関係者のみなさんとの連携

全道各地の福祉・教育・市町村保健センター・相談支援専門員などを対象に研修会などを開催し、子どもたちの在宅医療の重要性をより多くの方に知ってもらえるような活動を進めていきます。また、地域の関係者のみなさんの気になる子どもたちへの対応など、個別の相談に応じながら、連携体制づくりにつなげていきます。

5.患者さん・ご家族の相談窓口

患者さんやそのご家族から相談をお受けして、お住まいの地域で適切な医療・福祉サービスを受けられるように関係者のみなさんと共に調整していきます。また、関係機関のみなさんからの相談に対しても、知識や経験に基づいてアドバイスを提供していきます。

6.ご家族の支援、道民の理解促進

ご家族同士の仲間づくりのお手伝いや、ピアサポートの場の提供、お亡くなりになった子どもたちのご家族のグリーフケアなど、ご家族や兄弟姉妹の子どもたちのご希望に応じた活動を行います。子どもたち向けの絵本やパンフレットの作成、シンポジウムの開催などを通じて、在宅医療の普及啓発に努めます。

医療法人 稲生会より

当法人では、子どもの在宅医療普及事業を行っています。医療的ケアが必要な子どもとそのご家族の負担を軽減するためには、各地域の関係者によるネットワーク構築が不可欠だと考えています。ぜひ、皆様からの温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。


医療法人 稲生会 理事長 土畠智幸氏

大和ネクスト銀行は、本預金を通じて、SDGs (※) 目標
(3.すべての人に健康と福祉を / 10.人や国の不平等をなくそう) の達成に向けて貢献しています。

SDGsとは、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です。

商品概要

商品名北海道の医療的ケア児 応援定期預金
対象定期預金円・米ドル定期預金
預入期間3ヶ月、6ヶ月、1年
適用金利最新の応援定期預金 金利一覧はこちら
最低預入金額【円】100,000円以上 (1円単位)
【米ドル】1,000米ドル以上 (0.01米ドル単位)
お取扱開始日2019年5月10日 (金) ~
応援内容
  • 円定期預金については、各月残高の0.04%相当額 (年利換算) 、米ドル定期預金については、各月残高の0.3%相当額 (年利換算) の累計額を4月および10月に、当社から応援先 (医療法人 稲生会) に寄付いたします。
    法人のお客さまで、円定期預金での一回の預入額が50億円以上の場合には、0.03%相当額 (年利換算)
    米ドル定期預金における寄付額については、当社所定の為替レートにて円貨に交換します。
  • お客さまから応援していただいた結果等については、適宜当社ウェブサイトに掲載いたします。
ご利用
いただける方
【お取扱通貨 (円) 】
大和ネクスト銀行の円普通預金口座をお持ちの個人・法人 (※1) のお客さま
【お取扱通貨 (米ドル) 】
「ダイワのツインアカウント (※2) 」をお持ちの個人・法人 (※1) のお客さま
1法人のお客さまは取引サイトではお預入れいただけません。
2「ダイワのツインアカウント」とは、大和証券の総合取引口座と大和ネクスト銀行の預金口座の両方を開設し、両口座の連携により、投資の待機資金を普通預金で自動運用し、効率的に資産を管理することができるサービスです。詳しくは、大和証券の本・支店または大和証券ホームページにてご確認ください。
外貨預金に関する重要事項

お申込方法

円定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に口座をお持ちの方

  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「えらべる預金」メニューから、「円定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品カテゴリの「応援定期預金」を選択してください。
    商品名から「北海道の医療的ケア児 応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

外貨定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちの方
  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「えらべる預金」メニューから、「外貨定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品カテゴリの「応援定期預金」を選択してください。
    商品名から「北海道の医療的ケア児 応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちでない方

外貨預金口座を開設する 外貨預金口座を開設する

大和ネクスト銀行に口座をお持ちでない方

ご留意事項

  • 北海道の医療的ケア児 応援定期預金は、本預金と同時期に当社が実施する他のキャンペーン等の対象となりません (ただし、当社が別途認める場合はこの限りではありません) 。
  • 当該応援定期預金にお預入れ後、やむを得ず応援先が選定できなくなった場合は、「赤い羽根福祉基金 (※) 」へ寄付させていただきます。※「赤い羽根福祉基金」とは、公的制度やサービスでは対応できない分野において社会課題の解決のための新たな活動や仕組みを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりをめざす、中央共同募金会の運営する基金です。詳細はホームページ (https://www.akaihane.or.jp/kikin/) をご覧ください。
  • 当該応援定期預金のお預入れ後、応援先を変更することはできません。満期後に、新たに応援したい先の応援定期預金にお預入れください。
  • 当該応援定期預金のお取扱期間中であっても予告なく内容を変更、終了する場合があります。その場合は当社ウェブサイトにてお知らせします。
  • 当該応援定期預金は原則として中途解約できません。やむを得ず中途解約する場合は、所定のお手続きが必要です。当社所定の中途解約利率が適用されます。
  • 自動継続の場合は、継続日時点の金利を適用します。ただし、やむを得ず応援先への寄付ができない事情が生じた場合には、自動解約に取扱いを変更させていただく場合がございます。
  • 個人のお客さまの場合、金利には源泉分離課税20.315%が課税されます (マル優制度はご利用いただけません) 。また、為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。
  • 法人のお客さまの預金利息については地方税の特別徴収は行わないため、国税15.315%のみ源泉徴収いたします (非課税法人を除く) 。
  • 応援定期預金のお預入れは、お客さまによる寄付行為ではありません。そのため、寄付を証する書面等の発行はありません。税制等について、詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。
  • 最新の金利および中途解約利率については、金利一覧または大和証券の本・支店にてご確認ください。
  • 円預金は預金保険制度の対象です。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外です。

ページをシェアする

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

はてなブックマーク

はてなブックマーク