こどもの自立支援 地域のこどもを地域で見守り育てる。安心できる居場所「こども食堂」の運営・新設をサポート。こども食堂普及 (石川) 応援定期預金 こどもの自立支援 地域のこどもを地域で見守り育てる。安心できる居場所「こども食堂」の運営・新設をサポート。こども食堂普及 (石川) 応援定期預金

こども食堂普及(石川)応援定期預金は、お預入れいただいた預金の金利と通常金利の差額に、大和ネクスト銀行が上乗せし、中央共同募金会を通じて、石川県内のこども食堂に助成いたします。

地域のこどもを孤立させない。「食」を通じて地域のおとなとこどもがつながる。誰でも来られて、何でも話せる、地域のこどもを地域のおとながみんなで見守れる居場所づくりをサポートしたい。 地域のこどもを孤立させない。「食」を通じて地域のおとなとこどもがつながる。誰でも来られて、何でも話せる、地域のこどもを地域のおとながみんなで見守れる居場所づくりをサポートしたい。

石川県輪島市のこども食堂「わ・もっそこどものレストラン」は、輪島のこどもたちが、食を通じて地域とつながる居場所がほしいという思いから、地域のボランティアの協力のもと、月に1回土曜日に開催している「こども食堂」です。

地域ボランティアのお母さんたちが、ふるさとの「食」をこどもたちに伝える
~こども食堂を運営する輪島市社会福祉協議会の皆さんの声~

左:輪島市社会福祉協議会 常務理事:倉本啓之さん
右:輪島市社会福祉協議会 児童福祉課長:山崖正子さん
(山崖さん)
私は、輪島市社会福祉協議会が運営する放課後児童クラブの支援員として、毎日こどもたちと過ごしています。放課後児童クラブの活動を通じて、こどもの頃に食の大切さを知ることで、おとなになっても栄養バランスを考えた食事をとることができ、また、地域の食文化を次の世代に伝えることもできると考えるようになりました。

ですので、「わ・もっそこどものレストラン」の献立は、栄養のバランスと「輪島らしさ」、そしてこどもたちが家に帰っても作ることができるかということをポイントに、皆で話し合い決めています。
「わ・もっそこどものレストラン」では、地域ボランティアとともに、こどもたち自身も食事づくりに参加します。食事づくりに参加することで、こどもたちも自信を持ち、食への意欲と関心も出てきました。

また、「わ・もっそこどものレストラン」はこどもとおとなのコミュニケーションの場にもなっています。食事づくりやいっしょに食べる経験を通じて、関わるボランティアと本音で語れる関係ができ、例えば「勉強がわからない」というこどもの声を受けて、学習支援の活動が開始されるなど、新たな活動にもつながってきています。
私たちがめざすのは、こどもたちが将来の生きる力をつけることです。そのために、こどもたちが自立できるようになるまでの「居場所」として、こども食堂を通じての見守りを続けたいと考えています。
左:輪島市社会福祉協議会 常務理事:倉本啓之さん
右:輪島市社会福祉協議会 児童福祉課長:山崖正子さん

こども食堂から必要な支援が見えてくる

「わ・もっそこどものレストラン」では、地域のおとなたちが「よくきたね」と迎えてくれます。そこでは、良いことをすれば、思いっきり褒められたり、時にはイタズラして叱られたりもします。毎回、一緒に作って、食べて、おしゃべりして、片付けての繰り返しのなかに、異なる年齢や世代、多様な人との関わりがあります。

こどもたちの置かれた環境や悩みはそれぞれ異なり、話を聞いてくれるおとなが継続的に関わることで距離が縮まり、抱えている悩みや問題、今の状況や生活の様子が見えてきます。
直接こどもたちと話すことが、地域としての見守りを通じたこども支援につながると、地域のちょっとお節介なくらいのおとなたちは信じています。

何気ない会話の中から、抱えている問題や悩みがわかる

終わった後には必ずミーティング。こどもたちの様子やつぶやきをおとなみんなで共有する。
「わ・もっそこどものレストラン」に参加するこどもの何気ない会話のなかから、抱えている問題や悩みを見つけることもあります。
例えば、食事の時に歯を気にするこども。「虫歯がたくさんあるんだ」という会話から、保健師と栄養士からの歯磨き指導が始まりました。
また、学校での勉強が分からない、宿題が終わらないという会話から、元教員のボランティアによる学習支援の取り組みが始まりました。
(母親と二人で暮らすAちゃんの例)
食事を自分で作れるようになりたいと参加したAちゃんには、家で作ることができる献立を指導。自分でご飯を炊いたり、簡単な料理を作れるようになり、母親の役に立つことができたことで自信と意欲がつきました。
(輪島で暮らす外国人親子Cちゃんの例)
毎回参加するCちゃん親子。こどもにはボランティアによる学習サポートをしながら、母にはボランティアによるミシン教室に参加してもらっています。こどもだけじゃない、ここでは、地域みんなでサポートが必要な人を支える支援も行っています。

「わ・もっそこどものレストラン」は、食事を提供するだけのこども食堂ではない、おとなとこどもの関係性のなかで、こどもに寄り添いサポートをする「居場所」です。
終わった後には必ずミーティング。こどもたちの様子やつぶやきをおとなみんなで共有する。

「こども食堂」の活動を広げるために応援してください。

「わ・もっそこどものレストラン」の活動に参加してみて、こどもたちが協力して食事を作り、みんなで楽しく食事をし、仲良くおしゃべりし、笑顔で帰って行く姿を見て、あらためて継続的な支援と、他の地域への広がりの必要性を強く感じました。
地域のボランティアの皆さんの積極的なサポートのもと、未来につながるふるさとの「食」を通じて、ひとりでも多くのこどもたちが安心して過ごせる居場所を提供し、地域のつながりづくりができる場所を広げていく活動を応援したいと考えています。ぜひ、みなさまのご支援をお願いいたします。
一緒に作って、食べて、しゃべって、片付ける。ランチョンマットも手作りです。

商品概要

商品名こども食堂普及(石川)応援定期預金
対象定期預金円・米ドル定期預金
預入期間3ヶ月、6ヶ月、1年
適用金利【円】当社が提示する同預入期間の金利から0.02%差し引いた利率
【米ドル】当社が提示する同預入期間の金利から0.1%差し引いた利率
最低預入金額【円】100,000円以上 (1円単位)
【米ドル】1,000米ドル以上 (0.01米ドル単位)
お取扱開始日2017年11月10日(金)~
応援内容
  • 円定期預金については、各月残高の0.04%相当額 (年利換算) 、米ドル定期預金については、各月残高の0.3%相当額 (年利換算) の累計額を4月および10月に、当社から応援先 (石川県内のこども食堂) に寄付いたします。
    米ドル定期預金における寄付額については、当社所定の為替レートにて円貨に交換します。
  • お客さまから応援していただいた結果等については、適宜当社ウェブサイトに掲載いたします。
ご利用
いただける方
【お取扱通貨 (円) 】
大和ネクスト銀行の円普通預金口座をお持ちの個人のお客さま
【お取扱通貨 (米ドル) 】
「ダイワのツインアカウント (※) 」をお持ちの個人のお客さま
「ダイワのツインアカウント」とは、大和証券の総合取引口座と大和ネクスト銀行の預金口座の両方を開設し、両口座の連携により、投資の待機資金を普通預金で自動運用し、効率的に資産を管理することができるサービスです。詳しくは、大和証券の本・支店または大和証券ホームページにてご確認ください。
外貨預金に関する重要事項

お申込方法

円定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に口座をお持ちの方

  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「円預金・サービス」メニューから、「円定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品種類「こども食堂普及(石川)応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

外貨定期預金でお申し込みの場合

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちの方
  1. Step 1大和ネクスト銀行の取引サイトへログインし、「外貨預金」メニューから、「定期預金のお申し込み」をクリック
  2. Step 2商品種類「えらべる預金」を選択し、商品名「こども食堂普及(石川)応援定期預金」を選択してください。

お申し込みはこちらから

大和ネクスト銀行に外貨預金口座をお持ちでない方

外貨預金口座を開設する 外貨預金口座を開設する

大和ネクスト銀行に口座をお持ちでない方

ご留意事項

  • こども食堂普及(石川)応援定期預金は、本預金と同時期に当社が実施する他のキャンペーン等の対象となりません (ただし、当社が別途認める場合はこの限りではありません) 。
  • 当該応援定期預金にお預入れ後、やむを得ず応援先が選定できなくなった場合は、「赤い羽根福祉基金(※)」へ寄付させていただきます。※「赤い羽根福祉基金」とは、公的制度やサービスでは対応できない分野において社会課題の解決のための新たな活動や仕組みを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりをめざす、中央共同募金会の運営する基金です。詳細はホームページ(http://www.akaihane.or.jp/hukushikikin/)をご覧ください。
  • 当該応援定期預金のお預入れ後、応援先を変更することはできません。満期後に、新たに応援したい先の応援定期預金にお預入れください。
  • 当該応援定期預金のお取扱期間中であっても予告なく内容を変更、終了する場合があります。その場合は当社ウェブサイトにてお知らせします。
  • こども食堂普及(石川)応援定期預金は原則として中途解約できません。やむを得ず中途解約する場合は、所定のお手続きが必要です。当社所定の中途解約利率が適用されます。
  • お客さまによる応援定期預金のお預入れは、税額控除の対象となる寄付行為ではありません。そのため、寄付を証する書面等の発行はありません。
  • 最新の金利および中途解約利率については、金利一覧または大和証券の本・支店にてご確認ください。
  • 円預金は預金保険制度の対象です。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象外です。

ページをシェアする

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

Google+

Google+

はてなブックマーク

はてなブックマーク

ページを記憶する

EVERNOTE