「えらべる預金」レポート

もみじの家3周年イベント

2019年4月27日(土)、国立成育医療研究センター内で、医療型短期入所施設「もみじの家」の3周年記念イベント「家族みんなでHAPPY DAY」が開催されました。
その様子をご報告します。

3周年を迎えた「もみじの家」

大和ネクスト銀行「応援定期預金」の応援先の一つである医療型短期入所施設「もみじの家」。今、社会的な支援が必要とされている医療的ケア児とそのご家族に対して、先進的な取り組みをされています。
2019年4月に「もみじの家」が開設3周年を向かえたことを記念し、4月27日(土)に医療的ケア児を育てているご家族を招待し、大和ネクスト銀行協賛により、様々な趣向で楽しめるイベントを実施いたしました。

(国立音楽大学によるイベント。大和証券社員有志も参加)

趣向を凝らした様々なブースが出展

当日は43家族、130名の方が参加され、多くのブースが満席となりました。国立(くにたち)音楽大学のご協力による音楽療法に基づいた家族みんなで音楽が楽しめるブースや、屋内型プラネタリウム(一般社団法人 星つむぎの村)、一流シェフによる健康になる食のブース(NPO法人 キープ・ママ・スマイリング)、きょうだいが喜ぶ工作遊び(NPO法人 しぶたね)、アロマハンドマッサージ等(フロムハンドメイクアップアカデミー)が出展されました。

(こどもたちのお願い事を絵にするドン・カ・ジョンさん)

また、一般の方のお願い事をアーティストのドン・カ・ジョンさんが絵や詩にする「WISHくん」。今回のイベントに合わせて、「医療的ケア児WISHくん」と題し、もみじの家に集められた50のお願い事を元に制作した絵や詩を展示しました。
当日は特別に、その場でもこどもたちの願い事を絵にしてくれました。

「医療的ケア児」を支えるご家族と共に

「もみじの家」の登録者は500人を超え、利用者は延べ1,700組を超えました。
大和ネクスト銀行はこれからも、医療的ケア児とそのご家族を、「もみじの家」と共に様々な形で応援してまいります。

多くのお客さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。

この記事を見て「えらべる預金」を応援したい
思った方は「エールを送る」ボタンを押してください