大和総研コラム

ウナギの保護を考えつつも、躊躇なく食べたい

  • 消費 / 社会
  • 掲載日 : 2021年6月30日
  • 大和総研経済調査部 主任研究員 市川拓也

6月も終わり7月に入るこの時期から、暑さが増すとともに食べたくなるのがウナギである。今夏の土用の丑 (うし) の日は7月28日であるが、ウナギ料理は丑の日でなくても食べたくなる。滋養強壮効果があると言われることから、味だけではなく健康面からも優れている良質な食材である。

ウナギと一口に言っても、その種類は世界で20弱に及ぶ。日本のニホンウナギ以外にも、ヨーロッパウナギやアメリカウナギ、オオウナギ等、大きさも形も異なるウナギが世界各国に生息している。食用に向く種類は限られているが、ウナギは海外でも食べられている魚である。

ウナギが珍しい魚ではないとはいえ、中には国際自然保護連合 (IUCN) で絶滅危惧種に指定されている希少な種類もいる。ヨーロッパウナギは「Critically Endangered」 (深刻な危機) 、ニホンウナギとアメリカウナギは「Endangered」 (危機) となっており (IUCN 2021) (※1) 、これらは絶滅が危惧されている。ニホンウナギはヨーロッパウナギより、絶滅危惧の度合いは一段階低いが、このカテゴリーにはかつて日本産が絶滅したトキが属している (同) 。ニホンウナギがこのトキと同じカテゴリーであることに気づけば、ウナギ好きといえども食べるのに多少なりとも躊躇するであろう。

ニホンウナギの個体数が減少する背景には、密漁や無報告といったいわゆるIUU (違法、無報告、無規制) 漁業に起因する問題も複雑に絡んでいる。容易なことではないが、自然のウナギを保護することは極めて重要である。それでは養殖すればよいのではないかと思うかもしれないが、すでに日本で生産されるウナギは養殖がほとんどである。自然の稚魚 (シラスウナギ) を採捕し、それを育てて成魚にするのである。この養殖方法では、シラスウナギを取りすぎれば成魚の減少につながり、資源枯渇の問題を根本的に解決することにはならない。

そこで期待されるのが完全養殖であるが、実は技術的には国内ですでに成功している。コストの問題が避けられないものの、2019年11月には近畿大学が4年後の飲食店での提供を目指す記事が見られていたことを思えば、商用化される日はそう遠くないのかもしれない。資源保護のためにも、ウナギ好きが躊躇なく食せるようになるためにも、そんな日が早く来るとよいと思っている。


このコラムと同じカテゴリの他のコラムを読む

年別

カテゴリ別