大和総研コラム

遂に「顔パス」となった日本人の英国入国

  • 国際
  • 掲載日 : 2019年6月26日
  • 大和総研ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト (LDN駐在) 菅野泰夫

英国を訪れる日本人には朗報がある。今年の5月20日より日本からの直行便が到着するヒースロー空港で、遂に日本人は全て「顔パス」の自動化ゲートの利用が可能となった。以前よりEU加盟国の国民や、事前に有料で登録した一部日本人の利用は認められてはいた。しかし5月からはICチップ搭載の生体認証情報のパスポートを所持する18歳以上の日本人であれば、観光・商用を問わず誰でも利用可能である (12歳~17歳も大人が同伴であれば良い) 。

悪名高きヒースロー空港の入国審査の長い列は、英国の観光名所並みであり、筆者自身、最長で2時間近く並んだこともあるぐらいだ。この行列を避けるために、あえてロンドン内のガトウィック空港到着のフライトを選ぶ人も多かったほどである。

早速、国外出張の帰りに使ってみると、羽田空港などと同様のシステムで、自動化ゲートに数秒パスポートをかざし、画面を静視しただけで入国できる。従来のように就労ビザを提示することや、入国カード記入なども一切なくなり、長い待ち時間が一気に解消された。パリやフランクフルトの空港で長く並ばされた後に英国に帰国すると、その違いは一目瞭然である。ものの数秒で済んでしまうため、これだけでもう入国できるの ? と、かえって心配になるぐらいだ。

アイルランド共和国と英領北アイルランドの国境は1998年和平合意を受け、北アイランド紛争中にしばしば暴力行為の発端となった国境検査所を廃止し、人や物が自由に往来できるソフトボーダーとなっている。このソフトボーダーを維持しつつ、英国のEU離脱 (ブレグジット) によって生じる国境検査実施の必要性を満たすため、この自動化ゲートの顔認証等の仕組みを応用して、全長約500kmの国境沿いにカメラを設置し、移民や関税チェックを行うという壮大なプランを、保守党党首選の大本命であるジョンソン元外相が提唱している。この計画の技術導入には相当の時間がかかる可能性が指摘されていた。しかし自動化ゲートを通ってみると、意外とすぐに実現できるのでは ? と思わされた。ぜひ日本に入国する英国人にも、自動化ゲートを開放して日英友好のシンボルとしてほしいと思う。

ただこの新しい自動化ゲート以上に衝撃的であったのが、入国審査に並ぶ列の区分が変更されたことだ。EU加盟国 (英国はここに含まれていた) の列が廃止され、英国 (UK) の表記が復活し、既にブレグジット後の表記に替えられていた。離脱期限が10月31日まで延長されたため、離脱の影響はじわりと英国の産業界へ影響を及ぼしている程度だが、既に入国審査では対応済みのようだ。

延長されたものの、残留派による2回目の国民投票の話もトーンダウンしつつあり、英国のEU離脱はもうそこまで来ている。国民投票当初は残留を支持していた旧知の英国人の専門家も、本来の期限をとうに過ぎ、気持ちは既にEUを離脱しているため、とにかく早くとブレグジットを希望したことは印象的であった。ジョンソン元外相とハント外相との新首相の座を賭けた、保守党党首選の決選投票の結果が出るのは7月23日以降であるが、どちらが首相になっても、既にブレグジットの準備が着々と進められているのが現状である。


このコラムと同じカテゴリの他のコラムを読む

年別

カテゴリ別