ここから本文です

海外お役立ち情報
プリペイドでスマートに!

知って得する
ハワイATM情報

観光地として人気の「ハワイ」。現地で、食事やショッピング、アクティビティなどを楽しむ際に、どのような決済方法を考えていますか? 世間的に、海外滞在時はカード決済がスタンダードになってきているとはいえ、カード非対応の店舗などでは、現金払いが必要となるケースも。それは世界有数の観光地であるハワイであっても同じです。

現金出金が必要になった場合は、国際キャッシュカードサービスを使って現地のATMでお金をおろすことになりますが、「時間がないから」「どこにあるかわからないから」と、日本にいるときと同じ感覚で、手持ちのクレジットカードで、最初に目に入ったATMを利用していませんか? でもそれって、実はとっても“損”をしているかもしれないのです。

カード会社によって手数料や為替レートが異なる

キャッシュカードを使ってATMでお金をおろす…。日本では機械的に行っているような行為で、特段大きな問題が生じることはありませんが、これが海外となると話は別。実はカードの種類やATMの種類によって、利用者が負担する「手数料」や「出金限度額」が異なってくるんです。

昨年末、実際にハワイでバカンスを楽しんで来たAさんとBさんの例で考えてみましょう。海外ATMの引き出し知識があったAさんと、なかったBさんでは、日本円にして同じ額を出金したにもかかわらず、最終的な出費額に大きな差が出たようです。Aさん、Bさんの「利用カード」「総出金額」「ATM利用総手数料」は、次の通りです。

  Aさん Bさん
利用カード Y社海外プリペイドカード X社キャッシュカード
総出金額 10万円(833.33ドル) 10万円(833.33ドル)
ATM利用総手数料 1,327円 3,136円
  • 1ドル=120円で計算

海外で一般的なATMを利用する際に、実際の出金額以外にどのような+α要素が発生するのかというと、【1】ATM手数料(オーナー手数料)、【2】ATM手数料(カード会社手数料)の2つ。手数料は利用の都度発生し、1度に引き出せる限度額はカード会社によって決められています(現地のATMにより上限金額が定められている場合もあります)。

ちなみに、為替レートは、利用者が出金した時点のレートで決まる場合と、支払い請求時に決まる場合があります。つまり、現地でお得にATMを使うならば、単純なオーナー手数料だけではなく、カード会社の手数料や為替レートなどのスペック、さらには利用ATMの引き出し限度まで注意を払う必要があるのです。

では、日本円にして同じ出金をしたAさんとBさんでは、どれだけの差が生じたのでしょうか?
差が出たのは、ATM利用手数料の部分。その額は、Aさんが1,327円、Bさんが3,136円で、実に1,809円の差が出ました。
この額をどうとらえるかは人それぞれですが、出金の額が増えれば増えるほど、その差は大きくなります。また何度も海外へ行く人であれば1度の“カードの差”が、積もり積もって…ということも。と考えると、やはり海外で出金をする際は「カードが重要」ですよね?

CHECK!

Aさん、Bさんの手数料の内訳

  Aさん(Y社プリペイドカード) Bさん(X社キャッシュカード)
代金(引出額)決済通貨 外貨建て 円建て
両替
コスト
事前両替手数料 667円 833.33ドル×80銭
  • 1ドルあたり80銭
決済時コスト 2,500円 833.33ドル×3円
  • 1ドルあたり片道3円を加算したレート
ATM
利用
手数料
ATM(OWNER)FEE 420円 3.5ドル×120円
  • 2.5~3.5ドル程度
    (ATM設置会社による)
420円 3.5ドル×120円
  • 2.5~3.5ドル程度
    (ATM設置会社による)
カード発行会社FEE 240円 2ドル×120円 216円
合計 1,327円 3,136円
  • 数値は2015/09/01時点

自分の使い方にあったATMを見つけよう

お得なATMの使い方、カードがわかった後は、どこのATMを利用するか。現地のATM情報は、銀行やカード会社、専用アプリなどでチェックするのがおすすめです。下記のサイトなどで調査することができるので、自分が使いやすい検索サイトを見つけて、スマートフォンやタブレット端末にブックマークしておくとよいかもしれません。

これさえわかっていれば安心!主なATM英語まとめ

ハワイでATMを利用するとなると、当然ナビゲーションは英語が基本。そこで、最後にATMで現金を引き出す際に、最低限覚えておくと便利な英文をご紹介します。

ハワイのATMに表示される主な英文例

PLEASE INSERT CARD
カードを入れてください
ENTER YOUR PIN(ID CODE) THEN PRESS ENTER
暗証番号(PIN)を入力し、ENTERを押してください
DO YOU WANT A PRINTED?
明細書を発行しますか?
SELECT A TRANSACTION
(CASH WITHDRAW / TRANSFER / BALANCE INQUIRY)
お取引内容をお選びください
(現金引き出し/送金/残高照会)
SELECT ACCOUNT
(CHECKING / SAVING / CREDIT CARD)
口座をお選びください
(当座預金口座/普通預金口座/クレジットカード)
ENTER YOUR DOLLAR AMOUNT
(CORRECT / INCORRECT)
引き出す金額(ドル)を入力してください
(正しい/誤り)
YOUR TRANSACTION IS BEING PROCESSED
出金処理中です

海外滞在中は、何かと費用がかさむもの。手持ちのクレジットカードで、こまごまとATMで出金を繰り返していると、最終的に想定外の出費になっていたなんてことも…。そんなリスクを避けるためにも、少しでも節約できる方法を見つけ出すことはとても重要。カード会社や現地情報の精査はもちろんですが、どんなカードが自分に“メリット”があるのかを、今一度考える必要があるのかもしれません。

ハワイのATMで
お金をおろすなら…

使う分だけチャージすることができる、不正利用防止機能もついた海外プリペイドカード「DAIWA SMART DEPOSIT(スマデポ)」がおすすめ。
カードの詳細は、
https://www.bank-daiwa.co.jp/dsd/service/

DAIWA SMART DEPOSIT(スマデポ)特設サイトは、https://www.bank-daiwa.co.jp/dsd/

  • 本ページ情報の無断での複製・転載・転送等はご遠慮ください。
  • 本ページの情報提供について信頼性の維持には最大限努力しておりますが、2016年1月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。
  • 本ページの情報はご自身の判断と責任において使用してください。
  • DAIWA SMART DEPOSITに関する注意事項
    「DAIWA SMART DEPOSIT」(以下、スマデポといいます)は株式会社マネーパートナーズ(以下、マネーパートナーズといいます)によって提供されるサービスであり、株式会社大和ネクスト銀行(以下、当社といいます)の商品ではありません。
    スマデポは当社を含む銀行等が行う為替取引のための商品ではありません。
    スマデポは、預金を受け入れるものではありません。
    スマデポは、預金保険法に規定する保険金の支払いの対象とはなりません。
    スマデポの利用者を保護するため、マネーパートナーズは資金決済に関する法律に基づき、履行保証金を供託しています。
    スマデポのお申し込みは、当社ホームページからとなります。当社の代理店(大和証券)では受け付けできません。スマデポ発行後の取引はすべてお客さまとマネーパートナーズとの取引になり、当社はかかる取引について責任を負いません。詳細につきましてはウェブサイト等でご確認いただくか、サポートデスク(0120-894-077)までお問い合わせください。

海外お役立ち情報