大和ネクスト銀行
文字サイズ
  • 縮小
  • 標準
  • 拡大

お知らせ

お知らせ

ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアムへの参加について

掲載日 : 2016年10月3日

株式会社大和ネクスト銀行

株式会社大和ネクスト銀行(以下、大和ネクスト銀行)は、SBIホールディングス株式会社及びSBI Ripple Asia株式会社(以下、SBI Ripple Asia)が結成する「ブロックチェーン技術等を活用した国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム(以下「本コンソーシアム」)」に発足メンバーとして参加することを決定しましたのでお知らせいたします。

ブロックチェーン技術は、FinTechにおける革新的な中核技術であり、金融基幹システムの安定性を向上させつつ、より柔軟で効率的な構築を実現する可能性を秘めています。本コンソーシアムは、ブロックチェーン技術を活用した次世代の決済基盤をアジア地域で展開するSBI Ripple Asiaが事務局を担い、参加メンバー銀行が共同で議論を重ね、新たな決済プラットフォーム「RCクラウド」の構築をめざすものです。

大和ネクスト銀行は、近年のICT(情報通信技術)の急速な進化や顧客行動の変化に伴う少額決済や決済の24時間化・リアルタイム化などのニーズの多様化に対応するため、新たな取り組みとして2016年10月より本コンソーシアムに参加し、ブロックチェーン技術などを活用した新たな国内外送金・決済サービスの検討を今後も幅広く進めて参ります。

(参考:ブロックチェーン技術等を使った国内外為替一元化のイメージ)

大和ネクスト銀行「スマデポ」調べ 海外ビーチリゾート旅行に関する調査

以上

  • 閉じる