ここから本文です

海外お役立ち情報
プリペイドカードでスマートな支払いを

海外旅行で気をつけたい
チップのマナー

旅行や出張で海外にいくとき、事前に調べておきたいのが現地に「チップ」の習慣があるかどうかです。欧米諸国のようにその習慣が定着している国・地域では、ホテルやレストラン、バー、タクシーなどさまざまなシーンでチップが必要になるからです。

特にホテルでは一人だけに渡すのではなく、ベルボーイ・ベルガール、ポーター、コンシェルジュやルームキーパーそれぞれに払う必要がある場合も。チップが必要なシーンや相場、さらにチップを支払うときの注意点などを紹介しましょう。

そもそもチップとは? なぜ渡さなければいけないの?

チップはホテルやレストランなどを利用したときに、「宿泊料や食事代金などとは別に、サービスに対する対価として支払うお金」のことです。似たようなケースで、日本では旅館などで仲居さんに感謝の気持ちとして心づけを渡す人もいます。ただし、海外の「サービスの対価としてのチップ」と、日本の「感謝の気持ちとしての心づけ」は、まったく別モノと考える必要があります。

日本人にはなじみが薄くても、海外では一般的。チップ制を取り入れている国や地域は意外に多いのです。欧米に限らず、アジア諸国の一部でもチップ制は習慣になっており、レストランやバーのレシートに「Tip(チップ)」や「グラテュイティ(gratuity)」と記載されている場合もあります。

あくまで「サービスの対価」なので、支払う金額が決められているわけではありません。およその目安はありますが、具体的な金額は支払う人や受けるサービスによって異なります。

ここで「チップ=サービス料なのだから、支払うかどうかは客次第」と考える人もいるかもしれません。しかし、「サービスに満足しないから支払わないでいい」というわけでもないのです。

国・地域によっては、チップは単なる「ボーナス」や「お小遣い」ではなく、「従業員の賃金」として計算されるケースも多いのです。ホテルやレストランのオーナーは、従業員がもらえるチップを見込んで賃金を低めに設定しています。チップは従業員にとっての大切な収入源なのです。

日本では、特別お金を渡さなくてもレストランで食事が運ばれてきたり、ホテルで荷物を運んでもらったりするのは当然と思われるかもしれません。しかし、国・地域が違えば習慣も異なります。チップの支払いは必ずしも義務ではありませんが、支払わないとマナー違反とみなされる場合もあります。

海外を訪れるときはガイドブックなどに目を通し、その国・地域のチップ事情について調べておくべきでしょう。

どのような場面でチップが必要になる?

それでは、具体的にはどういう場合にチップの支払いが必要なのでしょうか。まず「人からサービスを受ける場所・機会」と覚えておけば、ほぼ間違いないでしょう。自分で食事をカウンターに取りに行ったり、お皿を下げたりするファストフードのようなお店はともかく、店員が食事を運んできたり、食べた後のお皿を下げてくれるようなレストラン、ホテル、バーなどの多くはチップが必要です。

下に、チップが必要な主なシーンをまとめてみました。主に米国の場合を参考にしていますが、その他の国・地域でも、似たような場面でチップが必要と考えていいでしょう。

聞きなれない言葉に「バレーパーキング」がありますが、これは車の出庫をしてくれるサービスのことです。日本では一般的ではないですが、海外のホテルやレストランでは、駐車場が少し離れた場所にあることも珍しくありません。ホテルやレストランの前で待機する係員に車のキーを渡しておけば、帰り際に駐車場から車を運んできてくれます。

そのほかタクシーや洗車、ヘアサロン(エステ)などもサービスを受ける場所なので、チップを支払いましょう。

基本的にチップの支払いが不要な場所は、セルフサービスのお店です。ファストフード、カフェやレストラン、フードのテイクアウト、セルフのガソリンスタンド、スーパーマーケットなどです。チップ制のある国であっても、自分で商品を運んだりするようなお店ではチップを払う必要はないのです。

ただしセルフサービスのお店でも「特別にお願いをしたとき」はチップが必要です。例えばセルフのガソリンスタンドでも車を手洗いしてもらったり、車の故障をチェックしてもらったりしたときなどはチップを払いましょう。

国によってチップの相場はどれくらい違う?

相場は国・地域や利用するサービスによっても違いますが、目安は総額の5~20%程度です。ただ具体的に「〇〇ドル」と金額の相場が決まっている国やサービスもありますから、やはり事前に調べておく必要がありそうです。

下の表は、チップ制が比較的はっきりしている国を挙げたものです。欧米では多くの国でチップ制がありますが、アジアでは国によるようです。(必ずしも下記の通りでないこともありますのでご注意下さい!)

2017年8月30日現在

支払い時のマナーとは

チップは「紙幣」で払う

チップの支払いは「お札」が基本です。例えば米国では最低でも1ドルからの場合が多いため、1~2ドルが相場なら1ドル札で渡すようにしましょう。 硬貨が絶対ダメというわけではありませんが、マナー違反と見られるかもしれませんから、できる限り紙幣で渡しましょう。

そのため、海外旅行や海外出張時には現地の紙幣をあらかじめ少し余分に用意しておいたほうがいいでしょう。いざ必要になったときに高額紙幣や硬貨しかないと困ります。現地に到着するとすぐ、空港で荷物を運んでもらったり、タクシーに乗ったりすることが多いはずなので、到着してすぐにチップが必要になります。ですから、渡航前に準備しておくか、現地の空港ですぐに1ドル札などの小額紙幣に両替しておきましょう。

実はチップの支払いはクレジットカードでも可能です。ただしそれはレストランなどで、食事の支払いをクレジットカードで済ませる時だけ。ホテルでポーターなどに渡すチップをクレジットカードで、というわけでにはいきません。

またホテルで部屋を掃除したりベッドメークしたりしてくれるルームキーパーには、会うことがあまりないのでチップを手渡しできません。こういう場合は、ベッドサイドの机などの上に、チップ分のお金を置いておきましょう。

チップは相場に合わせて支払う

気をつけたいのがチップの相場です。10%前後で構わないことが多いようですが、ハイクラスのホテルや高級レストランでは20%程度は渡したいものです。同じ国でも場所やサービスによって、チップ相場は異なるのです。なぜなら、お店のクラスが高いほどプロ意識も高く、サービスも手厚くなるからです。サービスの質の高さに合わせて、必要と考えられるチップも高くなります。

以下の図でレシートに「Suggestion」とありますが、これはチップの目安パーセンテージです。

ここで難しいのは渡し過ぎも良くないということ。たとえば相場が10~15%とされる場所なのに30%も渡すのは過剰で、あまり良いことではありません。過剰なチップは好印象ではなく、違和感を与える場合もあります。あくまで相場を基準に渡すチップの額を考えましょう。

計算に慣れておくこと。携帯電話の電卓機能を使うと便利

いざ支払うときに戸惑うのが金額の計算です。その国でしばらく滞在し、何度もチップを渡していれば感覚的に分かってくるでしょう。また「1~2ドル」といった具合に渡すチップ金額の相場があれば問題ありません。

しかし、初めて海外旅行する場合やその国に着いたばかりのとき、はたまた「10%~15%」など相場のパーセンテージにしたがって渡す場合は、やはりちゃんと計算したほうがよいでしょう。

ここで便利なのが、携帯やスマートフォンの電卓機能でしょう。たとえばチップ10%なら合計金額×1.1、チップ15%にするなら合計金額×1.15、チップ20%なら合計金額×1.2とすれば、チップを含めた会計総額が簡単に計算できます。

【例】チップ20%のレストランで100ドル分の飲食をした場合(その他の税は考慮しない)
100ドル×1.2=120ドル

チップの払い方 現金orカード

チップ(サービス料)を現金で渡す場合は、合計金額にチップを加えて払います。現金の手持ちがなければ、まずは支払いを済ませ、お釣りをもらってからチップの分を払うということも可能です。

支払いをカードで支払う場合は、Tip(またはGratuity)の欄にチップの額を書き、請求金額+チップの合計金額を記入してカードと一緒に渡しましょう。

一般的なレシートの形式は「Tip」という欄と「Total」という欄があります。たとえば28.50ドルの食事をして、3ドルのチップを払う場合は、「Tip」の欄に「$3.00」、「Total」の欄に「$31.50」と記入してサインすればいいのです。

スマートにチップを支払う方法は背伸びしないこと

スマートにチップを支払いたいからといって、格好をつけようとしないことです。大切なのは「マナーに反しないこと」。現地の習慣に合わせて自然にチップを渡すのがもっともスマートなのです。

慣れてきたら、支払い金額とチップを含めた合計金額が切りのいいときお釣りをもらわず「Keep the change, please.(お釣りはとっておいてください)」と伝えるのもいいかもしれません。

たとえばタクシー代が36ドルでチップを10%とすると39.6ドルとなります。そこで40ドル渡してお釣りをもらわないわけです。ただこれも、タクシーで快適かつ楽しい移動というサービスを提供してもらえた場合、自分がいいサービスを受けたと思えるときだけで構いません。少額のお釣りは渡すもの、というわけでは決してありません。

海外プリペイドカードの利便性

海外でも日本同様、クレジットカードでの支払いが可能な場合もありますが、現金支払いのみのお店もあります。そこで便利なのが海外プリペイドカード。大和ネクスト銀行のスマデポ(DAIWA SMART DEPOSIT)なら、世界中のMaster Card加盟店で利用できるとともに、「Master Card®」マーク表示のある海外ATMから現地通貨を引出すことも可能です。1枚のカードで、カードまたは現金の支払いのいずれにも対応できるので、心強い味方となってくれるでしょう。

海外プリペイドカードは、外貨預金口座に保有している外貨を、使いたいときに使いたいだけチャージして利用します。為替の動向を見て円高のときに外貨預金にしておけば、円安のタイミングでもレートを気にせず使えるのも魅力です。さらに、チャージしたあとカードに残った外貨は紙幣や小銭で手元に保有することなく、スマデポから外貨預金口座に戻し入れることで、外貨預金の金利も付くので、次の利用タイミングまでムダにすることもありません。

これから旅行や出張で行く国・地域にはチップ制がありますか?もしあるならば、上記のような点に気を付けて、チップでストレスを感じない楽しい滞在にしましょう。知らないままだと難しいように思う支払方法も、事前にルールや相場が分かっていれば簡単です。そしてチップは、サービスを受けた際に感謝の気持ちを伝えるもの。ただ渡すだけでなく、感謝の言葉を一言添えて渡せば、滞在はより楽しいものになるはずです。

海外での支払いに便利なカードといえば・・・

世界中のMaster Card加盟店で利用できるとともに、「Master Card®」マーク表示のある海外ATMから現地通貨を引出すこともできる海外プリペイドカード「DAIWA SMART DEPOSIT(スマデポ)」がおすすめ。
カードの詳細は、
http://www.bank-daiwa.co.jp/dsd/service/

DAIWA SMART DEPOSIT(スマデポ)特設サイトは、http://www.bank-daiwa.co.jp/dsd/

  • 本ページ情報の無断での複製・転載・転送等はご遠慮ください。
  • 本ページの情報提供について信頼性の維持には最大限努力しておりますが、2016年12月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。
  • 本ページの情報はご自身の判断と責任において使用してください。
  • DAIWA SMART DEPOSITに関する注意事項
    「DAIWA SMART DEPOSIT」(以下、スマデポといいます)は株式会社マネーパートナーズ(以下、マネーパートナーズといいます)によって提供されるサービスであり、株式会社大和ネクスト銀行(以下、当社といいます)の商品ではありません。
    スマデポは当社を含む銀行等が行う為替取引のための商品ではありません。
    スマデポは、預金を受け入れるものではありません。
    スマデポは、預金保険法に規定する保険金の支払いの対象とはなりません。
    スマデポの利用者を保護するため、マネーパートナーズは資金決済に関する法律に基づき、履行保証金を供託しています。
    スマデポのお申し込みは、当社ホームページからとなります。当社の代理店(大和証券)では受け付けできません。スマデポ発行後の取引はすべてお客さまとマネーパートナーズとの取引になり、当社はかかる取引について責任を負いません。詳細につきましてはウェブサイト等でご確認いただくか、サポートデスク(0120-894-077)までお問い合わせください。

海外お役立ち情報